手相

手相から読み解く今後大きな病気や怪我をする可能性があるのか

更新日:

病気やけがの手相



今後のけがや病気

今後大病やケガをする可能性があるか

手相において良い状態の線は「1本の線が濃く、切れることなくつながっている」と言う状態が基本になります。

その為「線が薄い」「線が切れている」と言う状態は望ましくありません。

特に大きな病気やケガの可能性を表す線は生命線(身体全般)、感情線(心臓関連)、頭脳線(脳・頭部)、健康線(呼吸器・消化器等)が主になります。

今後の病気

その中でも生命線に不調を表す状態になっていると危険性が高まります。

生命線の途中に島

島は一時的な不調を表します。出ていたとしても、健康管理を行えば大きな問題になる事は少ないです。

手相の斑点は怪我

生命線の途中に斑点

斑点はケガ・病気を可能性を暗示します。青黒いのはケガ、茶褐色は病気の心配があります。薄黒い場合は大けがや大病の可能性が高いです。

手相十字

生命線の途中に十字や星

途中にある十字や星は思いがけない病気やケガを示します。特に星は心筋梗塞や脳溢血など命に係わる場合があります。

生命線が切れている

生命線が切れている

生命線が切れていて、1.5mm以上間隔があいている場合は大病・大ケガの可能性が高く、3mm以上離れると命の危険があります。

生命線が切れている

生命線の先端に障害線、十字、星

生命線の先端に障害線、十字、星がある場合は急死の可能性があります。

生命線の先端に障害線、十字、星

以上が代表的な不調のサインです。生命線のどの部分に出ているかで、おおよその年代がわかります。上の方が若く、下の方が老年になります。

手相は変化していくものなので、今は無かったとしても定期的にチェックしてみましょう。

気になるサインが出ていたら、専門家に判断してもらうことがおススメです。

手相は手や顔の相から運勢を読み取る占術。手相・顔相をみると、その人の性格・才能・恋愛傾向・今の健康状態など、様々なことが読み取れます。
環境や気持ちの変化で、早くて一週間ほどで変わる場合もあります。
定期的に手相を見てもらうことで自分の思っていない方向へと事が運ぶことを防ぐことができたり、恋愛や仕事のチャンスを掴むことができます。





 



-手相

Copyright© 占いの館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.