手相

左手の手相の見方

更新日:

手相 左手 見方




左手の手相は主にその人の「先天的なもの」「ポテンシャル」「幼少期の影響」が大きく出てきます。(利き手が右手の人の場合)

左右の手相の違いが多ければ多いほど、自分の歩んできた人生がどのように変わってきているのか意識すべきところです。

もちろん、その人生は良くも悪くも変わります。

また、左右の手相が大きく違う場合、左手は「素の自分」や「内なる自分」を表すとも言います。

左右の手相がどのように違うのか見極め、素の自分でリラックスできる時間や場所を意識的に確保する必要もあるでしょう。

右手と比べて左手の方が良い手相の場合は、環境に恵まれていることから生活力が低下している恐れがあります。

また、手相は変わっていくものですが、左手の手相は「先天的なもの」を表すので、変化は少ないです。

少ないですが、変化しないというわけでもありません。

左手の手相が変化するということは、運勢の土台が変わるほど影響の強い出来事がある予兆、またはあった証拠なのでしっかり意識しましょう。

また、左手の手相をみることでその人の強みや弱みがわかります。

子供の左手の手相でその子の方向性を決めるの事も有効ですが、一番大事なのは本人の意思なのであくまで参考程度にしておきましょう。

手相は手や顔の相から運勢を読み取る占術。手相・顔相をみると、その人の性格・才能・恋愛傾向・今の健康状態など、様々なことが読み取れます。
環境や気持ちの変化で、早くて一週間ほどで変わる場合もあります。
定期的に手相を見てもらうことで自分の思っていない方向へと事が運ぶことを防ぐことができたり、恋愛や仕事のチャンスを掴むことができます。




 



-手相
-

Copyright© 占いの館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.