【手相】右手のM線の見方






手のひらに「M」の文字が刻まれている人は夢や目標をつかんだり、実現させたりする力があるとされています。

生命線、頭脳線、運命線、感情線の4本がその形を作っています。

全ての線がハッキリとわかるのが大切になります。

特に運命線がハッキリしていることが大事になります。

そのため「うっすらわかる」や「よく見るとある」というレベルでは「M」の字とは言えません。

また、きちんと線同士がつながっている必要があるので、生命線と頭脳線が離れている人、頭脳線と感情線が一緒になっているマスカケ線の人は該当しません。

さて、この線のある人は「夢をつかめる」と言うのが一般的ですが、厳密にいうと「努力を重ねれば夢をつかめる可能性が高い」と言えます。

4本の線がハッキリと刻まれていることから全てにおいてバランスよくこなせる素質があり、特に運命線がキーポイントとなるので仕事に関することでの成功が一番期待できます。

年齢としては35歳ごろから花開くと言われています。

なので、それまでしっかりと土台を作ってい事が大事になります。

そして、「M」の字の「M」を「Miracle」の頭文字と言う説もあります。

手にある人が少ないということからも言われている説ですが、実際はそこそこいる手相です。

日本人は生命線と頭脳線がくっついている人が多いので、「M」の字を持つ人が多くなりやすいのです。

逆に言えば、可能性を秘めたる人が多いとも取れます。

少なくとも、多くの事をバランスよくこなせるので失敗の少ない人生と言えます。

将来に不安が少なく生活できるでしょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました