牡牛座と水瓶座の相性・恋愛・夫婦・友達・仕事




牡牛座と水瓶座の相性

牡牛座と水瓶座の仕事の相性

堅実な仕事をする牡牛座と、優れた企画力を持つ水瓶座。お互いの得意分野を認め合うことができれば、良好な仕事仲間になれるでしょう。性質的には、古いものを好む牡牛座の人と、新しいものが好きで未来派の水瓶座の組み合わせなので、考え方の視点にずれが生じてしまいます。仕事で組むことがある場合は、方向性や路線に迷いが出てしまうことが考えられるでしょう。お互いに平和主義者なので、意見が合わなくてトラブルになることは、ほとんどありませんが、水瓶座の人は、自分が納得いくまで相手と議論することを好みますので、牡牛座の人はタジタジになってしまうかも知れません。また、アナログ人間の牡牛座の人は、デジタル系が得意な水瓶座の人に教えを乞うと良いでしょう。




牡牛座と水瓶座の友達の相性

おっとりしていてマイペースな牡牛座と、博愛主義者の水瓶座。接点がないため、表面的な友達になりそうな相性です。牡牛座の人は、基本的にあまり社交的ではなく、友達は少人数で深い信頼関係を築ける人と末長く、という主義です。水瓶座の人は、基本的に社交的なタイプで、様々な種類の人と広範囲で交流をしますが、あまり深入りはせず、広く浅くを心がける主義です。水瓶座の人は、仲間と過ごす時間と、自分だけの世界をハッキリ分けて考える人。好き嫌いが激しく、自分が見込んだものに対するハマリ度合いは、周りから見てもマニアックな人にしか映らないでしょう。そんな水瓶座の人は、人知れず孤独感を抱えています。時折訪れる寂しさの中に、タイミングよく牡牛座の人が現れると、大変な癒し効果になるでしょう。牡牛座の人と水瓶座の人は、時折交流するぐらいがちょうどよい相性なのです。




牡牛座女性と水瓶座男性の恋愛の相性

のんびりほんわかムードの牡牛座女性と、クールで理知的な水瓶座男性。ふたりの恋愛の相性は35点です。お互いに相手のことを理解し合うには、困難がつきまとう相性です。保守的な牡牛座の女性にとって、破天荒で個性的な水瓶座の男性は、とてもついて行けない相手として映ります。人と違うことをするのが好きな水瓶座の男性も、古風な牡牛座の女性とは、徐々に話が合わなくなってしまうでしょう。たとえ、恋人同士になったとしても、価値観の違いに悩まされ、お互いに不満やストレスがたまりそうです。牡牛座の女性は独占欲が強く、水瓶座の男性は、束縛されることがとても苦手な人種なのです。このふたりがカップルとしてうまく行くためには、共に、妥協と歩み寄りが必要になります。特に、年齢が若いうちは至難の業となりますが、ある程度年齢を重ねてからのほうが、スムーズな展開が期待できるかも知れません。




牡牛座女性と水瓶座男性の夫婦の相性

家庭的で内向的な牡牛座女性と、社交的で知性派の水瓶座男性が結婚をする場合、円満な家庭を築くためには、お互いの歩み寄りが必要となるでしょう。大きな問題としては、お互いの金銭感覚の違いが挙げられます。牡牛座の妻の方は、優れた金銭感覚の持ち主。やりくり上手なので、節約や貯金を難なくできるタイプです。水瓶座の夫は、貯蓄のセンスがなく、一般的に浪費家と呼ばれるにふさわしい金銭感覚を持っています。仕事や趣味のための出費が多く、マニアックな傾向が強いため、珍しいものを際限なくコレクションしたがる人が多いのが特徴です。夫婦の傾向から推測しても、家庭を仕切るのは牡牛座の妻が望ましいと言えます。牡牛座の妻がどこまで夫の自由を許せるのか。それだけではなく、家庭内でストレスを抱えないよう、夫とのコミュニケーションを密にしたり、自分なりの趣味を持つことも夫婦円満のために必要なことです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました