2020年の12星座の運勢

2020年星座の運勢・牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座

更新日:

seizaunsei



2020年全体の運勢

牡羊座

12星座
集団から孤立することを恐れてはいけない時でしょう。

"自分教の信者"であるべきで、周囲の声を雑音と思えることで、純粋さをキープできるといえます。

もし自分の進み方に問題があったとしても、そのマイナス面を反面教師的にアピールすることが、同じことを起こさせないための周囲への助けとなるといえます。特に運気が上がるのは、1・2・7・8月でしょう。

牡牛座

おうし座
マイペースさを大切にすると良い時でしょう。

独特の癒しのエネルギーを周囲に発しているため、例え何もできていなくても、平和的なエネルギーを発していることに意味があるといえます。

伝統的なものや和風なムードを持っていると、控え目で上品な神聖なるパワーを得やすいのではないでしょうか。

特に運気が上がるのは、3・9月でしょう。

双子座

ふたご座
周囲の雰囲気を盛り上げる、ムードメーカーに徹すると良い時です。

自分が中心になって動くよりは、一歩引いて全体の雰囲気を活性化させる裏方のような位置にいると、生き生きと活動できるといえます。

地味なものを派手に見せて盛り上げる仕事ができると、さまざまな場面で器用に活躍できるのではないでしょうか。

特に運気が上がるのは、4・10・11月でしょう。

蟹座

かに座
感受性が敏感になりやすい時でしょう。特に嫉妬や甘え症など、ネガティブな感情を適度に表現することで、個性が持てるといえます。

自分の"ダメさ"や"分かっているけどやめられない"感覚は、人間らしいものといえ、それが快楽と同時に苦痛をもたらす束縛であることに気づけると良いのではないでしょうか。

特に運気が上がるのは、5・6・12月でしょう。

獅子座

牡羊座
パワーにまかせて活動できるので、細かい方法について考えない方が良い時かもしれません。

集団的な束縛の中よりは、地下活動をする組織のような、個人的で自由な立場が合いそうです。

自分をアピールするためには、自分の優秀な所ではなくマイナス面を自虐的に表現すると、周囲の共感を得られるといえます。

特に運気が上がるのは、1・2・7・8月でしょう。

乙女座

おとめ座
知的な能力がアップするので、理性的で慎重に考え抜いた上での行動が多くなる時でしょう。

ユーモアのセンスで、周囲の人を楽しませられるのも良い点。

しかし影響力を持つ人に弱く、そのカリスマ性に意のままにコントロールされやすいのではないでしょうか。

自分自身を第三者的に見られることが大切になりそうです。

特に運気が上がるのは、3・9月でしょう。





天秤座

てんびん座
自己中心的ではなく、周囲の空気を壊さずに、優しく見守る女神のような存在感が魅力的な時でしょう。

自分のオリジナルの作品にこだわらずに、人の作ったものを上手にコピーしたりするやり方が、上品でクールといえます。

人のサポートや後押しをする広告塔的な存在として活躍できるのではないでしょうか。

特に運気が上がるのは、4・10・11月でしょう。

蠍座

さそり座
一つの狭い分野のことに、強い集中力を出すと良い時でしょう。

知的な才能が発揮されやすく、特に"不要と思っていたものが役に立つ"ような、多くの人が目をつけない逆転の発想が効果的かもしれません。

ピンチに追いやられて後がない時でも、どん底で発揮できる底力が、最も信頼できるものといえます。

特に運気が上がるのは、5・6・12月でしょう。

射手座

いて座
知的でものごとの分析力がアップする時なので、さまざまな人の間に入り、人と人を結ぶ仲介者的な仕事で活躍できる時でしょう。

大らかな心で視野が広いため、グローバルなものの見方ができると、理想的といえます。

複数の人たちの出会いを生む、キューピット的な役割で活躍できるのではないでしょうか。

特に運気が上がるのは、1・2・7・8月でしょう。

山羊座

やぎ座
スケールの大きい夢を持つと良い時で、時間をかけて成し遂げられるものを見つけられると良いでしょう。

スムーズに行くものではなく、障害のある困難な目標のほうが、自分の潜在的なパワーが出るチャンスといえます。

不可能が成功した時には、"絶対的な神"的なパワーとつながっているのかもしれません。特に運気が上がるのは、3・9月でしょう。

水瓶座

みずがめ座
タブーを犯す、危険な表現が効果的な時かもしれません。

予測不能な行動が吉を呼びそうで、操り人形のような機械的な姿勢を持ち、天から降りてきたメッセージに従う気持ちを持てると理想的です。

その方向性が常識外れなものでも、結果的に人をハッピーに導く明るいゴールといえます。

特に運気が上がるのは、4・10・11月でしょう。

魚座

うお座
繊細な感性を持ち、ものごとの本質の答えにこだわる時でしょう。

集団の中にいて行き詰った時には、逃げるのも効果的といえ、放浪の旅などが吉をもたらしそうです。

目的もなくさまざまな場所をさまようことで、精神的に落ち着きそうです。

虚しさを感じる自分の日常的な活動が無意味であることに気づけただけでも、意味があるのではないでしょうか。

特に運気が上がるのは、5・6・12月でしょう。





星占いの結果が自分にとって好ましくないことは多々あります。
しかし、出来事には全て意味があり、全てメッセージがあります。
悪い結果でも行動を変えれば回避できますし、またチャンスに変えることができます。
そのためにはまず占い結果の本当の意味を理解する必要があります。
未来は自分で選ぶことができますので理想の未来へ進みたいのであれば占い師にアドバイスをもらうことをおすすめします。

 



-2020年の12星座の運勢

Copyright© 占いの館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.