手相

手相の金運線とは・見方・2本・枝分かれ・ない・書く・長い・短い・複数・曲がる・細かい線

更新日:

金運線



金運

金運線とは

金運線とは

金運線とは小指の下に縦線で下から上へ伸びる線です。
名前の通り金運の状態を表しますがそれ以外にも商売運やビジネスのセンスや経済力なども表します。
それらの意味から金運線を「財運線」と呼ぶこともあります。(薬指と小指の間の縦線を金運線、小指の下の縦線を財運線と分ける説もあります)
金運線はまっすぐにハッキリと伸びる線が理想的です。
金運の線の場合「ハッキリ」の基準があり、30センチほど離しても見えるなら「ハッキリ」と言えます。
じっくり見ないとわからない濃さでは金運は弱めです。
ハッキリとした線を持つ人は貯金や資産が順調に増えていくことでしょう。
複数の線がある人は収入源がいくつも期待できます。
ただし、金運はギャンブル運とは違うので間違えないように気を付けましょう。
一般的には小指の付け根から感情線の間にありますが、場合によっては他の線に届くほど長い場合もあります。
また、金運線の状態が良い=金持ちとは限りません。
自分が今の経済状況に満足していると金運線は良い状態になりやすいです。
逆に世間的には金持ちでも本人が納得いっていなければ金運線の状態は良くないことがあります。

金運線 2本

金運線が2本
金運線が2本ある場合は強い金運を持っている事を表します。
収入減が複数ある人が複数の金運線を持っていることが多いです。
ただし、線の状態が良くない場合は金運線が複数あっても経済状況が良くありません。
ハッキリした線のすぐ隣に細い線が寄り添っている場合は、運が補強されているので、金運が良くなっていくことを表します。

金運線 枝分かれ

金運線枝分かれ
金運線の上が枝分かれしている場合は努力が実って大きな財を得られる機会が近づいていることを表します。
その後、一財産を築いたとしても努力することを止めてはいけません。
手に入った財産を元に引き続き努力を続けていくことが大切です。

金運線 枝分かれ

金運線の下が枝分かれしている人はいままでの努力の結果、金運の土台がしっかり固まった事を表します。
事業を大きくしたりするのに良いタイミングです。

金運線が枝分かれ

上下が枝分かれしている人は大きな財を得るチャンスと土台が整っているという、2つの良い意味を併せ持っています。
ただし、枝分かれの線が薄くなったり、細くなったりする弱い線の場合は浪費や無駄遣いで金運が落ちていることを表すので気を付けてください。

金運線 ない

金運線がない

金運線が無い人は一定数います。
「金運線が無い=貧乏」と言うわけではありません。
たいていの人は金銭への執着が薄いというタイプです。
金銭を必要以上に求めたりしないだけで、生活をするのに問題ない程度の収入はあります。
特に、小指の下の部分の張りが良ければ、金運は良い状態と考えられます。
また、金運線が無い人はお金が無くても無いなりに快適な生活をおくれます。
ただし、執着がない分お金があればあるだけ使ってしまう傾向が強いので、貯蓄は苦手です。

金運線を書く

金運線を書く

金運線に限らず、欲しい線を書くという開運法があります。
これは有効と考えられています。
ただし、何色で書くかが大事なポイントになります。
金運線を良い状態にしたいのならば、金色ないし白色のペンがおススメです。
手元にあったからと赤色や黒色で書くのは不運を呼んでしまいます。
赤色は「赤字」につながり、黒色は運気低下の色なので絶対に止めましょう。
また、水性ペンでも大丈夫です。
消えてしまったのなら、適宜書き直せばオーケーです。
文房具店などで100円程度でカラーボールペンが売っていますので、適切な物を買いましょう。

金運線 短い

金運線が短い

金運線が短い人は倹約家でコツコツと貯蓄をして財産を築くタイプです。
貯蓄が増えることに喜びを感じることが多く、使うことはあまり考えません。
ただし、金運線が短くて細かったり薄かったり曲がっている人は金運が悪い状態を表しています。
自分の経済状況を見直す必要があります。

金運線 長い

金運線が長い
金運線が長いという考え方は2つあります。
1つは小指の付け根と感情線の間を繋ぐくらいの長さを「長い」と判断する場合です。
これくらい長い人はお金を使うことが好きなタイプです。
太い線の人は投資をしてリターンを得ることで財産を増やしていけるタイプです。
目的を持ってお金を使っていくタイプになります。
この長さで金運線が細い人はなんとなくお金を使ってしまい、気が付いたら手元のお金が無くなっているタイプです。
貯蓄が思うようにできず、悩むことも多いかもしれません。
ただし、またすぐに収入があるのでなんだかんだでお金に困ることはありません。
贅沢をしなければ十分な生活を送れます。

金運線 長い次に生命線や頭脳線から小指の付け根に届くくらい長い金運線を持つ人もいます。
生命線から伸びる財運線を持つ人は仕事を頑張ることで財産を増やせます。
線が太い人は負けず嫌いな面も強く、朝と晩となくバリバリ働くことで成績を上げたり出世をしていき成功します。
細い人はあまり向上心はありませんが、コツコツと実績を積んで晩年で大成します。

金運線が長い
頭脳線から金運線が伸びる人は自分のアイディアや発見で大きな財産を築くことができます。
太ければ太いほど大きな財産につながりやすいです。
思いついたことは実践した方が良いでしょう。

財運線 長い
運命線から伸びる財運線を持つ人は天職に就くことで財産を得られます。
仕事を探すにあたって「稼ぐ」ことより「楽しい」を基準に仕事を選ぶと成功します。
楽しく夢中になって仕事をこなしていると後から財産が付いているタイプです。

金運線

生命線から伸びる長い金運の線は、商売や事業が自分の描いたとおりになる暗示の線です。
線が曲がったり、途切れたりせずにまっすぐ伸びている時が絶好のタイミングになります。
もしも、線の状態が良くない場合は、無理に進めない方が良いです。
素質はあっても運に恵まれず、失敗や破産と言う結果に見舞われてしまいます。

金運線が長い

生命線の内側から伸びる金運の線は遺産相続の線です。
文字通り親から遺産を相続する可能性が高い事を表します。
ですが、遺産でウハウハになるというよりは、先祖代々で守ってきたものを次の世代へ繋ぐ役割をしなくてはなりません。
そんな宿命を背負った人にでる線とも言えます。
長子に出ることが多い線です。

金運線 複数

金運線が複数

金運線が長くハッキリした金運線が複数ある人は本業、副業など収入減が複数あることを示します。
また、財運も強く計画的に資金運用をしていけば着実に財産を増やしていけます。

金運線がたくさん

金運線が弱く複数あったり、短く薄い線が多数ある人は浪費家です。ハッキリした財運線のそばに細かい線が複数ある場合も同じです。不必要な出費や無駄遣いが続いている状態なので、財布のヒモをしっかりと固くしましょう。浪費が止まれば線の状態は良くなります。

 

金運線がクネクネと曲がる

金運線

金運の線がくねくねと曲がっていたり、途切れ途切れになっている場合は注意が必要です。
突然、収入が大きく減ったり、大損害を受ける事になる可能性があります。
最悪の場合は収入源が立たれるかもしれません。
特になにか始めようとする時に線がこの状態だった場合は、延期するのが得策です。
しばらくはいつも通りの生活を過ごしましょう。

金運線の周囲に細かい線

金運線

状態の良い金運の線の周囲に細かい線が散っている時は、浪費をしている状態です。
本人は先行投資のつもりでも、リターンのない無駄遣いとなっています。
この線が出ている間はいつも以上に財布のひもを固くしておかないと、いざ資金が必要な時に足りなくなってしまいます。
この細かい線はすぐに表れてすぐに消えるので、無駄遣いの自覚がある方は毎日チェックしましょう。

手相は手や顔の相から運勢を読み取る占術。手相・顔相をみると、その人の性格・才能・恋愛傾向・今の健康状態など、様々なことが読み取れます。
環境や気持ちの変化で、早くて一週間ほどで変わる場合もあります。
定期的に手相を見てもらうことで自分の思っていない方向へと事が運ぶことを防ぐことができたり、恋愛や仕事のチャンスを掴むことができます。





 



-手相
-

Copyright© 占いの館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.