あげまん線の手相・珍しい・確率・効果・男・4本・4又・5又・性格・両手

あげまん線



あげまん線

あげまん線とは

あげまん線とは
あげまん線は感情線が人差し指に向かって長めで、1点から同じ太さで3又に分かれている状態を言います。
あげまん線を持つ人は自身の運も良く、周囲の人を巻き込んで良くしてくれます。
利き手に出ているとより強い運を持っています。
しかし、3又に分かれていても線が細くなっていたり、薄くなっている人はあげまん線ではなく恋愛に疲れている人です。
違いに注意しましょう。
また、あげまん線の恩恵は性行為をするようになると受けられるようになります。




あげまん線は珍しい?確率は?

あげまん線は珍しい手相の1つとなります。
どれくらいの人に表れるか正確な数字は出ていませんが、どちらかの手にあげまん線が出ている人は100人に1人くらいいるようです。
両手があげまん線になっている人は2,000人に1人いるかどうかでしょう。




男の手相にあげまん線

あげまん線と言う名前から「女性特有の手相」と言うイメージがありますが、男性にもあげまん線がある場合もあります。
人によっては「あげメン線」と呼ぶ場合もあります。
ですが、不思議と女性の方があげまん線を持つ人が多いのです。
だからこそ「あげまん線」と呼ばれるのかもしれません。




あげまん線の効果

あげまん線のもっとも素晴らしい効果は運気を上げる力が強い事です。
その強い力はあげまん線を持つ人は自身の運を良くしたうえ、周囲の人を巻き込んで運気を上げてくれます。
利き手にあげまん線が出ていると今現在、より強い運を持っています。
また、あげまん線の恩恵は信頼関係を築いた周囲の人にもありますが、性行為をする関係になると特に強く受けられるようになります。



あげまん線4本

あげまん線が4本
一般的なあげまん相の特徴は感情線の先端が三又に分かれている事ですが、これが四又以上でもあげまん線になります。
三又より四又がより強いかと言われると、そこまで変わらないようです。
三又以上はあげまん線と言う認識で大丈夫です。たとえ、五又、六又になっていてもあげまん線です。

あげまん線が枝分かれ
しかし、3又以上に分かれていても分かれたが細くなっていたり、薄くなっている人はあげまん線ではなく恋愛に疲れている人です。
また、枝分かれの先でまた枝分かれをしている人は体調不良(特に心臓)の可能性があるので注意しましょう。




あげまん線の性格

あげまん線を持つ人は相手の運気を上げる力があるためか、相手の人を立ててくれたり、気持ちを受け入れる包容力を持っている傾向にあります。

その特徴として聞き上手であり、優しい性格になりやすいです。また、人に頼り切らない自立した精神を持っています。グループを取りまとめるのも得意です。




あげまん線が両手にある

両手にあげまん線がある人は片手があげまん線の人の倍の運気を持っています。つまり、両手があげまん線の人は周囲の運気を上げる力がとても強いという事です。

是非、お友達になりたいですね。しかし、友達になっただけではあなたの運気はあがり切りません。運気を上げようと努力することも必要です。ですが、あげまん線を持った友人はあなたを応援してくれるので、自然と努力できるようになりますよ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました