手相

手相の火難の相とは・原因・お祓い・回避する方法

更新日:

火難の相



火難の相

手相の火難の相とは

火難の相

火難を表す手相として表れるのは中指の付け根付近です。ここに赤い斑点が出来ると危険性が高いです。
また、中指と薬指の付け根の間が赤黒くなっいても火難の可能性があります。
火難のレベルはさまざまですが、小さな火傷から家屋の火事など注意を払って損は無いです。
また、服が燃えたり焦げたりするのも火難の相として出ることがあります。

火難の相の原因

いくつか原因は考えられます。
代々水難に遭う傾向が高いのであれば、一族の因縁などが関わっている可能性が高いです。
1人ではなく、親戚一同で対策して行かないとならない場合があります。
日頃から火に関わる仕事が多く、火に対しての警戒心が下がっている時などにも出ることがあります。

火難の相をお祓い

火難の相のお払いとしては火難除けのご利益がある神社でお祓いを受けるという方法があります。
有名な神社としては岩手県の「日高神社」、東京都の「秋葉神社」京都府の「由岐神社」、滋賀県の「日牟禮八幡宮」等があります。
また、船・龍・波と言った水の加護を期待できる置物やお守りを持って、火難除けとする方法もあります。
他にも地域によっては「屋根に蝉を置く」、「軒先に花を飾る」など個性的な方法があります。



火難の相から回避する方法

火難の回避として最も有効なのは裸火を減らすことです。
ガスコンロからIHコンロに変えたり、タバコを止めることも有効です。
ほか、ヤカンや鍋を火にかけたまま離れることも危険です。
また、最近はアロマキャンドルなどによる火難もあります。
火があるところから離れないとと言うのは大前提です。
他にもタコ足配線など電気機器による出火もあります。
火、電気、可燃物の扱いはしっかりとルールを守りましょう。
万が一の為に消火器など設備の確認をしておくことも、被害を拡大させない有効な方法です。

手相は手や顔の相から運勢を読み取る占術。手相・顔相をみると、その人の性格・才能・恋愛傾向・今の健康状態など、様々なことが読み取れます。
環境や気持ちの変化で、早くて一週間ほどで変わる場合もあります。
定期的に手相を見てもらうことで自分の思っていない方向へと事が運ぶことを防ぐことができたり、恋愛や仕事のチャンスを掴むことができます。




 



-手相

Copyright© 占いの館 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.